結婚式参列に振袖デビューするならレンタル

結婚式に参列する時には、学生であれば学校の制服を着ていくという人もいますが、せっかくの場でもあるのでおしゃれをしていきたいという人もいるのではないでしょうか。パーティードレスも普段とは違ったスタイルを楽しむことができますが、振袖であればみんなに注目してもらえるファッションとなるでしょう。

振袖は未婚女性のための着物でもあるので、着るチャンスも短いものです。成人式の一回だけしか着なかったという女性も多いものであり、購入する人もいればレンタルを利用する人もいます。これから成人式を控えているという女性であれば、成人式の日にどんな振袖を着るかを決めるためにもみんなが利用している成人式の振袖レンタルを利用してみるといいでしょう。
結婚式に参列する時の振袖としては、花嫁よりも目立たないことが第一条件となります。もしも花嫁が色打掛を着用するというのであれば、同じような色味は避けておいた方が安心です。

また、袖が長い大振袖になると、豪華なイメージがあることから花嫁よりも目立ってしまうことになりかねません。花嫁を引き立てるとともに会場を華やかにする必要があるので、レンタルで振袖を利用するとなっても着物に対して豊富な知識を持っている店舗のスタッフに相談しながら決めてみるといいでしょう。

振袖のレンタルが頻繁に多い時期とは?

最近は成人式で着る振袖もレンタルがずいぶん増えてきました。
みんなが同じ時期にいっせいに着るので、早めに予約しないといいものがなくなってしまうなんてよく聞きますよね。
では実際に、レンタルの予約が重なる時期というのはいつなのでしょうか?
一般的に着物のレンタルショップでは、その年の成人式が終わると、もう翌年のための新作の振袖が出回り始めます。
ですので予約が最も頻繁に多い時期というのが、成人式が終わって少し経った2月から3月の時期なのです。
もっと早く、2年くらい前から予約する人も中にはいますが、実はこの方法はお勧めできません。
なぜなら予約をしても自分が着るまでに1回、前の成人式で誰かが着る可能性が高くなるので、もしその人が乱雑に着たりするとせっかく気に入って選んだ振袖の刺繍部分が摩擦で傷んでしまったりするからです。
なので、成人式が終わって、振袖が戻ってきた頃に実物を見て選ぶ人が多いのです。
ただし、身長が標準よりかなり小さかったり大きかったり、標準よりもだいぶぽっちゃりしている人の場合は、2年くらい前から予約してもいいでしょう。もともとの数が少ないので、みんなと同じ時期に選ぶと気に入った柄を選べない可能性だってあるからです。

レンタルできる振袖と着物の違い

よく、着物や振袖というのは親から子へ引き継がれる一生ものだという時代がありました。娘は古臭いと反発しつつ親から引き継がれたものに袖を通し、入学や卒業の門出を祝われるというのも微笑ましい伝統的な風物詩ではないでしょうか。
しかし、時代や流行に合わせた格好で門出を祝いたいという彼女らの若者心を無視するのもいかがなものでしょうか。入学式はお下がりを、卒業式は別のものを。なんてことができるのは理想です。でもその一回のためだけに着物を買うというのは・・・。間違いなくそう思われると思います。
そんな時に役立つのがレンタル着物のお店です。安価に多種多様な柄の中から、好きなものを選べ、しっかりとしたプロが着付けを施してくれるというのは、季節の楽しみが一つ増えたとも言えるのではないでしょうか。
今の時代では、レンタル着物のお店も圧倒的に増加しており、価格や品質での競争も熾烈です。利用者も多くいることから、需要も安定しており、よりレンタルという選択が容易に行える時代となってきました。振袖という女の子たちがひときわ輝く姿により花を添えるために、豊富な柄の選択肢があり、彼女らもきっと大満足のレンタルを選ぶというのも一つの選択肢なのではないでしょうか。

レンタルできる振袖の支払い方法とは?

最近は成人式でレンタルの振袖を着るご家庭も増えています。
レンタルする場合は、直接店舗からかネットを利用するかの2通りがありますが、ご両親が一緒ではなくて、自分で着物を選んだ場合、支払いについてどうしたらいいのか分からない人も多いでしょう。
そこで店舗とネットそれぞれの支払い方法を説明します。
まず店舗でのレンタルの場合はお店によりますが、振袖を選んでから1週間以内に指定の口座に振込、という店舗が多いです。
その場でクレジットカードや現金で支払う店舗、上記に加え、ローンを組ませてくれる店舗もありますから、お財布の中身に自信がない場合、支払い方法については事前に店舗に確認するのがよいでしょう。
ネットレンタルの場合は、手順としては、選んで申し込みフォームに必要事項を記入して、支払いを済ませてから着物を届けてくれるという手はずになります。支払いについては、銀行振込または、クレジットカードでの支払いというのが一般的です。
まれにですが、代金引換を選べるお店もありますので、もしインターネットでのお買い物に慣れていなくて、商品が届く前にお金を払うのが不安ということであれば、この代金引換を選べるお店にすると、届くのと同時にお金を払えるので安心です。

振袖をレンタルする時期について

振袖のレンタルは、基本的には店によって「○日前までに予約をしてください」という決まりがありますので、その時期までに予約をすれば借りることはできます。ですが、あまり間際に駆け込むとゆとりがなくなってきますので、余裕を持って選べる時期に予約をしてしまった方がベターです。1年の間で最も振袖のレンタルが込み合うのは、間違いなく成人の日です。

最近は自治体によって成人式の日程は多少異なってはいますが、やはり式典は成人の日に集中します。ですので、式典に出るために振袖を予約するのであれば、できる限り早くに予約することをおすすめします。店側の都合があえば、前年の成人式が終わったすぐあとで、1年前くらいから予約を始めたほうが良いです。

振袖の新作が毎年1~3月あたりに集中して出ることもありますが、基本的に振袖は1点ものですので、早い者勝ちということになり、予約が入ってしまったものはたとえ気に入っても借りる事はできません。私は、このことを知らなかったために、のんびりしていて秋が終わる頃に予約をしようと思ったら、自分が気に入ったものはほとんど予約済になっていました。また、小物のレンタルなども同じように早い者勝ちになってしまいます。

また、着付けとヘアメイクのための美容院の予約もなかなかとれなくて、式典の会場から遠いところになってしまいました。ですので、早め早めに動いていくことをおすすめします。

振袖をレンタルする為に必要な事とは?

振袖レンタルを利用する為に必要な事ですが、特に何も心配する必要はありません。
レンタルして返却する時もクリーニングをせずにそのまま返せば良いので特別何か必要になるという事はありません。

事前に用意しておくものも特別にないので何かを購入する必要もありません。
着付けに関しても他に用意する必要がなく振袖レンタルをする時にセット一式を用意してくれますから、こちら側で用意する事もないです。
あえて必要なものとすれば体型の補正のためのタオルや脱脂綿などになりますが、店舗によっては必要のないケースもあるでしょう。
自前で用意したい髪飾りや装飾品は購入したり、用意したりしないといけませんが特別必要になるものではありませんので特に気をつける必要もないです。

振袖レンタルを利用する為に特別に何か必要になる事はありませんが、支払いのための銀行口座やクレジットカードや連絡先などといった事になりまして一般的に日常に利用するものになりますので、振袖レンタルの為だけに用意しないといけないというものはほとんどありません。
ですから特別に何か考える必要がなく成人式ギリギリでも予約は間に合いますので問題なく利用する事ができるでしょう。